ファンド詳細

インカム重視型 白金台(区分)2号ファンド

募集期間 2020年3月16日12:30
〜 2020年3月22日23:59
募集方式 先着順
募集金額 3,600万円
応募状況 3,600万円
最低成立金額 なし
想定分配率(年利) 4.00%
想定運用期間 6ヶ月間
想定運用期間詳細
運用期間 2020/03/31 〜 2020/09/30
想定分配率(年利) 4.00%
※ 運用期間につきましては、運用状況により、短縮もしくは延長する場合がございます。
運用状況 償還済
電子取引業務に係る
重要事項(PDF)
クーリング・オフによる
契約解除について(PDF)

シミュレーション
万円
税引前配当金(予定) 0円
税金(源泉税) 0円
税引後配当金(予定) 0円
投資申込
ログインまたは会員登録が必要です。
STEP1   契約成立前書面のご確認

募集は終了しています。
STEP2   投資申込







ファンドの詳細

本ファンドは、インカム重視型のファンドとなり、港区白金6丁目の区分建物の運用となります。分配金は、保有期間中の家賃収入・売却時(市場への売却、または本事業者の固有財産とし、もしくは他の不動産特定共同事業契約に係る財産とする行為をいいます。)の売却益を原資とし、ご出資いただいた金額に応じて分配いたします。(匿名組合契約を締結し、優先出資90%劣後出資10%の割合で運用致します。)

立地は東京都港区、東京メトロ日比谷線『広尾』駅徒歩10分、東京メトロ南北線『白金台』駅徒歩12分、都営三田線『白金高輪』駅徒歩13分、さらにJR各線『恵比寿』駅徒歩15分に位置しています。

プラチナ通りや恵比寿ガーデンプレイスからも程近く、白金、広尾、恵比寿と3つのエリアを利用できる利便性の高い立地となっております。


ファンド運用期間


募集期間:2020/3/16~2020/3/22
運用期間:2020/3/31~2020/9/30
分配・出資金払戻予定日:2020/10/30 


本ファンドは不動産市況・元本毀損リスク等々を考慮し本事業者の判断で運用期間終了日を早めることや、本契約期間を12ヶ月を超えない範囲で本契約期間を延長することがあります。
お申し込みは先着順とさせて頂きます


アクセス

最寄駅 東京メトロ日比谷線線「広尾」駅10分、都営三田線線「白金高輪」駅12分・東京メトロ南北線「白金台」駅13分、JR各線・東京メトロ日比谷線「恵比寿」駅15分





本物件の最寄り駅「広尾」「白金台」「白金高輪」「恵比寿」駅は、本物件を中心に点在しており大変利便性がよくなっております。「広尾」駅は聖心女子大学の最寄り駅として利用されており乗降者数も同線内では上位の利用率となっております。各線乗り入れの多い「恵比寿」駅は住みたい街ランキングで常に上位のエリアです。


区の人口

人口約26万人(令和2年)右肩上がりに上昇しております。背景としては2013年ご頃より、外国籍の人口が増えており、本物件の港区西麻布エリアでは各国の大使館が多く集まるエリアとして国際的な街となっております。



広尾駅 乗降客数

当物件の最寄り駅である「広尾」駅の乗降者数は、2014年(平成26年)58,864人、2015年(平成27年)60,333人、2016年(平成28年)61,620人、2017年(平成29年)63,049人 2018年(平成30年)63,171人と年々増加傾向にございます。広尾駅のある渋谷区は単身者世帯が23区ではトップとなっております。聖心女子大学を筆頭に名門校やインターナショナルスクール、日本赤十字社など各種病院も充実しており、住みやすさ、利便性の良さから乗降者数も右肩上がりになっております。


白金高輪駅 乗降者数

2000年に開業した「白金高輪」駅は東京メトロ南北線、都営地下鉄三田線が乗り入れ、乗降者数は「広尾」駅同様に右肩上がりに上昇しております。要因の一員としてタワーマンション街に再開発が進んでいる背景もございます。白金一丁目東部北地区エリアの再開発や白金一丁目西武中地区エリアの再開発などともに大規模なタワーマンションの建設が予定されており、付随して、歩行者道路や公園など新たな施設、広場も設けられる予定で街に新たな潤いをもたらすのではないでしょうか。


恵比寿駅 乗降者数

本物件の最寄り駅の1つ恵比寿駅はJR各線(山手線、埼京線、湘南新宿ライン、横須賀線)東京メトロ駅が利用可能な各線ともに利用者数の多い駅となります。恵比寿ガーデンプレイスのオープンを皮切りに再開発が進み高級住宅街としてのイメージを形成しているエリアの一つです。



物件概要








恵比寿ガーデンプレイス北里大学研究所病院





プラチナ通り有栖川宮記念公園


対象不動産図面


対象不動産及び近隣マップ

本ファンド運営スキームについて

匿名組合契約を投資家の皆様と締結させて頂き、優先出資・劣後出資による出資金を基に対象物件の取得・運営を行います。ファンド運用中の「賃料収入」「売却益」を基に配当金の支払い、元本の償還を致します。



投資家頂いた出資元本の安全性を高める優先劣後方式にての運用致します。

本ファンドは事業者が劣後出資を致します。劣後出資をする事で万が一売却時に不動産価格が下落に生じても、劣後出資の内の下落であれば、投資家の元本が守られる仕組みです。







ASSECLIについて

2008年創業以来全国の不動産の取引実績1,000件以上の事業者が運営する、不動産投資型クラウドファンディングサービスです。

安心安全な運用を第一に、不動産再生を始め様々なタイプの不動産へ少額から投資頂き、新しい街づくりや不動産流通の活性化を皆様とクラウドファンディングを介して市場に貢献していきます。

投資家の皆様へは、新しい資産運用としての選択肢への一つとして、不動産投資を身近に・体験・共感して頂けるよう今後も提供させて頂きます。



このページは会員限定ページです

閲覧するには、会員登録の必要があります。



会員または投資家の方はログインしてください。
ログイン

会員登録ご希望の方はこちらから会員登録してください。
会員登録

リスクについて

契約締結前交付書面もあわせてお読みください。

元本割れリスク

本商品は、投資家の皆様の出資金について元本保証をするものではありません。本商品の収益性、利益の配当や財産の分配も保証されたものではない為、「契約成立前交付書面」に記載したリスクにより投資家の出資金について元本が損失するおそれがあります。

信用リスク

不動産特定共同事業者(本事業者)が破綻等したことにより事業継続が困難となった場合、本契約は終了します。匿名組合勘定による分別管理は信託法第34条の分別管理と異なり、本事業者が破綻等した場合には、保全されないので、出資金全額が返還されない恐れがあります。

不動産のリスク

経済環境や不動産需給関係の影響あるいは、物件の価値の毀損によっては、運用期間中において空室が発生する場合があるほか、物件を想定する時期・条件で売却できず、収益に悪影響を与えるおそれがあります。

法規制・税制に伴うリスク

法令、税制及び政府による規制変更がされた場合、本事業における収益の減少または、償還完了後の手取金の減少等の影響を及ぼす可能性があります。

その他のリスク

自然災害(風水、地震、落雷)、人為的災害(火災、テロ、戦争、事故、破損)により不動産が滅失・毀損・劣化するリスク。経年劣化、隠れたる瑕疵の発見などによる不動産的価値の下落によるリスク。本不動産の工作物などが第三者に損害を与える場合には、本不動産の所有者として損害賠償義務を負担する可能性があるリスク。本契約の解除又は譲渡に制限があることに関するリスク。


このページは会員限定ページです

閲覧するには、会員登録の必要があります。



会員または投資家の方はログインしてください。
ログイン

会員登録ご希望の方はこちらから会員登録してください。
会員登録