ASSECLIの特徴

1.不動産特定共同事業法に基づいた不動産投資型クラウドファンディング

不動産特定共同事業法は、出資を募って不動産取引(賃貸・売買等)を行う事業者を許可制とすることで、業務の適正な運営の確保と投資家の収益を保護することを目的に、1995年4月に施行されました。

主な許可要件としては、資本金・会計監査・宅地建物取引業者の免許・法令違反者の排除・業務管理者の設置・約款の制定・事業遂行に必要な財産的基礎と人的構成などになります。

当社はこの許可を2018年12月に取得しており、不動産特定共同事業法に基づいてファンドを運営致します。

■不動産特定共同事業許可番号
 東京都知事115号
■不動産特定共同事業の種別
 第1号・2号事業(電子取引業務を行う)




2.投資家様の元本の安全性を高める優先劣後方式を採用




■ファンドの仕組み

事業者となる当社は匿名組合を設立。投資家様は当社と匿名組合契約を締結し、出資金をお支払いいただきます。
投資家様は優先出資者となり、賃料や不動産売却などにより得られた利益は、予定分配率に至るまで優先的に分配します。
当社は劣後出資者となり、優先出資者への分配を終え、残った利益をいただきます。




■元本の安全性

投資家様の出資金は、不動産の購入や事業資金として利用されます。
不動産事業という性質上、外的要因などにより、空室による賃料低下や不動産価格の下落による損益が発生する可能性はございます。
その場合、先ずは劣後出資者である当社の出資分が減額となり、
それを超えた分のみ優先出資者である投資家様の減額
になります
ので、投資家様の元本の安全性を考えられた仕組みです。




3.収益不動産における企画・売買・運用実績が豊富




事業者となる当社は、一棟収益不動産(マンション・アパート・商業ビル)を中心に、創業以来1,000件以上の取引実績がございます。
不動産のプロフェッショナルが、これまで培ってきた知識と経験を基にしっかり目利きを行う事により、実績を積み上げて参りました。

また、ただ売買するのではなく、マーケティングの実施、建物の企画およびデザイン設計、中古物件のリノベーションによる資産価値向上、建物管理など、不動産に関する様々なサービスを、売却まで見据えワンストップで提供しております。
ASSECLIではこのノウハウを最大限に活用し、投資家様へ利益を分配致します。

■当社の主なサービス内容
・商品企画、開発
・リノベーション
・リーシング
・建物管理

■当社グループ企業
・株式会社岩本組
 http://www.iwamotogumi.co.jp/service
斬新で、一見奇抜にさえ見えるようなデザインの建物も実現させる「最先端技術」と、日本古来より伝わる茅葺き屋根や宮大工などの「伝統技術」を駆使する建設会社です。